診療科・部門

回復期リハビリテーション病棟

重度障害も専門医が主治医となり対応

重複障害・合併症にも専門医が対応できる体制で、フォローアップが必要な内科疾患や認知症の患者さんも安心してリハビリテーションができます。整形外科医がいるので、抜糸などの術後のフォローアップもできます。

  • 日本腎臓学会専門医
  • 日本透析医学会専門医
  • 日本透析医学会指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器学会専門医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本リハビリテーション医学会指導医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本認知症学会専門医

すべての患者さんにリハビリテーション科医師による回診

歩行回診

入院中は定期的にリハビリテーション科医師による回診が行われ、必要に応じて退院まで併診します。

腎臓・透析リハビリテーションにも対応

回リハ紹介06.jpg

回復期リハビリテーション病棟で透析患者さんへ経験豊富なスタッフが腎臓リハビリテーションを提供しています。

心大血管疾患リハビリテーションにも対応

心臓リハビリテーション

循環器専門医、心臓リハビリテーション指導士を中心に心臓リハビリテーションを提供しています。

多職種連携・365日の充実したリハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーション科専門医を中心に多職種で連携しリハビリテーションを提供しています。また、日曜祝日も平日と同じリハビリテーションが提供できます。

入院時訪問、外出訓練、退院前訪問指導で在宅復帰を支援

退院前訪問指導

入院後1週間以内の入院時訪問や退院前の家屋回収調査や動作確認のための他院前訪問指導など円滑に退院後の生活ができるように支援しています。

在宅支援に繋がる訪問リハ・通所リハの充実

通所リハ

退院後も安心して在宅生活が送れるように訪問リハ・通所リハと連携してフォローアップします。

リハビリテーション科医師の診察

回リハ紹介25.jpg

入院中はもちろん、退院後の社会復帰もリハビリテーション科医師の診察にてフォローします。

様々なリハビリテーションを提供

促通反復療法(川平法)

促通反復療法(川平法)

促通反復療法(川平法)、ノルディックウォーキング、パワーリハビリテーションなどの患者さんに合わせて様々なリハビリテーションを提供しています。

※川平法とは
促通反復療法研究所(https://kawahira.org) 

ノルディックポール

ノルディックポール

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

パワーリハビリテーション

パワーリハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患と期限制限

回復期リハビリテーション病棟対象疾患 最大入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、 多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態又は義肢装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日
上記期限に限らず、できるだけ早期の社会復帰を目指していきます
回復期リハ病棟

回復期リハ病棟入院基本料1 ベッド数96床(49床、47床の2病棟)