病院案内

院長挨拶

生きることの尊さと健康であることの幸せを、すべての人と共に

arimoto01.jpg しげい病院は、倉敷市の交通の要であるJR山陽本線倉敷駅からも徒歩圏内で、有名な観光地でもある美観地区などの中心街近くにありながら、都会の喧騒がいりまじることもない比較的閑静な場所にあります。

 1955年、初代理事長の重井博が重井内科診療所を、1958年には医療法人創和会 重井病院を現在地に設立しました。1968年にはキール型透析装置(ハミルトン社製2式)を導入し、岡山県下で最も早くに人工透析治療を開始しました。
当院は、時代の流れに沿って「地域が求める役割」を果たすとの立場に立ち、地域の中でそれぞれの医療機関がその特長を活かしながら役割を分担し、切れ目の無い医療を提供する地域完結型医療を推進しています。近隣の高機能急性期病院とのFace to Face連携、社会復帰を目指す回復期医療からかかりつけ医との連携の流れとする、「亜急性期から在宅までの地域包括ケア」と「腎疾患・透析医療」の2本の柱で医療を展開しております。

 腎疾患・透析医療では、早期診断と適切な治療により進行を極力遅らせることで、透析導入となる患者さまをいかにして減らすか、透析開始の防止に努めています。また不幸にして透析が必要となった場合にいかにクオリティの高い生活を取り戻し、維持するかを考え、透析患者の合併症を防ぐことが透析を専門とする我々の使命であります。
 住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、設立理念を常に念頭に入れ、『病に苦しむ人を治す』という医の原点を堅持し、心あたたかな病院、より親切な医療を目指し、地域の皆様に愛されるよう地域医療に貢献致します。

院長 有元 克彦

 

 

有元 克彦 院長プロフィール
1972年 岡山大学教育学部附属中学校卒業 
1975年 岡山県立岡山朝日高等学校卒業
1982年 岐阜大学医学部卒業後、同大学医学部小児科に入局 
1982年 国立岡山病院小児医療センターに入職 
1982年~1989年 国立岡山病院小児医療センター勤務 
1989年~1996年 重井医学研究所附属病院内科 
1996年~1999年 しげい病院内科 
1999年~2010年 重井医学研究所附属病院内科 
2010年~ しげい病院内科
2016年 副院長に就任
2019年4月 同病院の院長に就任し、現在に至る

 

日本腎臓学会 腎臓専門医 
日本腎臓学会 指導医 
日本小児科学会 小児科専門医 

 

 

しげい病院施設目標

  • 生命予後のみならずQOLの向上を重視したチーム医療を提供します
  • 地域医療構想・地域包括ケアに対応できる病院機能を確立します
  • 新しい課題の発見につとめ常に変化を求めていきます